MENU

治療薬を使った治療は少し高いかも?

話題の治療薬について調べていると、その料金が大変高いことに気付かされました。前記事で紹介したパントガール、ロゲイン、パントスチンの全てを処方してもらうと、1ヶ月25,000円〜35,000円ほどのお金がかかるようです。また診察時には血液検査なども行われますので、その費用相場が5,000円と考えると一般会社員の私には継続が難しい治療法のように感じました。

 

女性薄毛クリニックの中には漢方薬を出すところもある

 

女性薄毛治療クリニックの中には、患者さんの不調や体質に合った漢方薬を使うことで、「薄毛が生じやすい頭皮や心身の状態」を改善に導くところも存在します。完全オーダーメイドの漢方薬は、前述のパントガールよりも高額です。しかし漢方薬を飲みながら定期通院を続けることで、「薄毛とともに体調不良全般が改善する」というメリットが得られますので、意外とコストパフォーマンスの良い治療法なのかもなぁと感じたのでした。

 

生活習慣の改善サポートをしてくれるクリニックもある

 

ストレス過多、食生活や生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れといった要因で生じやすい女性薄毛は、日々行っている悪習慣を改善するだけで回復に向かいやすくなる症状です。びまん性脱毛症などに対してトータル的なアプローチを行うクリニックでは、専門スタッフによる生活指導やカウンセリングを繰り返すことで、処方薬の効果を高めようと考えています。またこのようなクリニックで女性薄毛治療を続けるうちに、「メタボリックシンドロームや糖尿病が改善した!」という口コミも多く見受けられますので、私達の頭皮に生じている薄毛も生活習慣病に近い存在なのかもしれないなぁと感じた次第です。

このページの先頭へ