女性に生じる脱毛の種類2

女性の薄毛の種類2

粃糠性脱毛症

 

粃糠性脱毛症は、フケが大量に出てしまう人におこりやすい薄毛です。フケの皮脂が毛穴に詰まるという意味では、前記事で紹介した脂漏性脱毛症と似ている部分もあるのかな?と思いました。頭皮の毛穴に皮脂が詰まると、細胞の皮膚呼吸に支障が出ることで毛母細胞の元気がなくなってしまうようです。大量のフケは肌に合わないヘアケア用品によって生じることもあるらしいため、自分に合うアイテムを探すことも薄毛改善に欠かせないことだと感じました。また栄養の偏りは全身の角質異常を起こす要因となりやすいので、私のように職場でファーストフードばかり食べている人も問題なのかもしれません。

 

牽引性脱毛症

 

ポニテールなどのヘアスタイルで髪を長時間引っぱり続けていると、牽引性脱毛症という形で抜け毛が多くなるそうです。同じお店で働くスタッフの中にも、ヘアゴム使うことで髪が一気に抜け、薄毛っぽい症状に悩まされている女子大生がいました。でもヘアゴムが原因だと気付いた彼女はすぐにショートヘアにしたため、現在では普通に髪が生えるようになってきたのです。飲食店で働く女性は衛生上、髪を束ねなくてはなりません。そんなルールのあるファーストフードの世界には、牽引性脱毛症に悩む女性も多いかもしれないなぁと感じたのでした。

 

円形脱毛症

 

最後にご紹介するのは、「10円ハゲ」と呼ばれることもある円形脱毛症です。円形脱毛症には、単発型と多発型の2種類があるそうです。私以上にストレスフルな仕事をしている姉は、何度も円形脱毛症を繰り返す多発型に陥っています。単発型でも自然治癒率は60%前後となるため、症状が改善しない場合は早めに専門医に相談した方が良いのだと感じました。姉はストレス解消やマッサージだけを中心としたケアなので、良い薄毛治療の病院が見つかったら紹介してあげたいなぁと思った次第です。